今日は浜松町でACLSプロバイダー講習。

これは、2次救命についてですね。

 

「看護師さんや救急救命士さんが受けることも有るやつだし、
BLSはそんなに難しくなかったからなんとかなるだろう」

 

なんてめっちゃ軽い気持ちで考えていました。

しかしながら、2週間前。

届いたテキストと事前学習テストを見た時に愕然としました。

 

「ほとんど何もわからん!!!」

 

まず、簡単な心電図を読めないと話しになりません。

それから、どういう処置をしていくか。

どのタイミングでどの薬剤を使うか。

ほとんど勉強したことない分野でした><

この時点で申し込んだことを激しく後悔。。。

でも、ここから、2週間でなんとかスタートラインに立つことぐらいは出来るようになりました。

 

それで今日の講習を迎えたわけですが。。。

もちろん薬剤師はいません。←これは予想通り

周りはDr.とNs.ばかりでした。

そこで講義が始まるわけですが。。。

プレ講義の段階で、また違う壁に。

心電図の読みを日本語で覚えてたんですよ、自分は。

例えば、心室細動・心房細動・無脈性心室頻拍などなど。

これ、プレ講義の段階から皆略号で言われるわけです。

VF・AF・無脈性VTですね。

その他にも医療用語が普通に使われてるわけです。

薬局薬剤師の苦手分野ですね。

もうね、泣きそうになりました(笑)

 

ひと通り泣き言を書いたところで本題に。

まずはACSと対応について講義から。

自分が一番びっくりしたのは、初期にアレルギーや下部消化管出血がなければ

すぐアスピリンを噛み砕いて投与するということ。

薬剤師視点ではあまりない発想だなぁと思っちゃいました。

 

次は脳卒中の対応について講義。

主に脳梗塞に対する対応です。

シンシナティプレホスピタルスケールやCTを遅らせないと言う事が大事。

脳出血を除外してから血栓溶解療法を

発症から3時間以内に行うことが出来るような準備や手順を学びました。

 

その次はBLSについての復習。

これは、今までやってきたことなので、そんなに苦もなくclear^^

 

その後は気管挿管について。

OPAやNPA、バッグマスクの有効な使い方(EC法)、

ラリンゲアルエアウェイなど。

OPAとNPAについては、ちゃんとサイズさえ合わせれば(人形には)意外とすっと入っていく様子。

インストさんにも、

「思い切ってやったら簡単に入るよ」

とアドバイスを頂き思い切れました(笑)

 

そして、メガコードについての講義。

チーム一丸となって患者を蘇生させる手順ですね。

チームリーダーが役割を振り分け、指示通り動いていくんです。

もちろん、チームリーダーが判断を誤ったら><

自分の与えられた役割をこなす役のほうが楽です><←あたりまえ

 

最後に、VFまたは無脈性VTの場合のメガコード実習。

4〜5人のチームで一人ずつチームリーダーをやります。

やっぱりチームリーダーは緊張するわ。

常に次のことを考えていかないといけないし。

まだ、シュミレーションだからいいけど、これを誰かがいきなり倒れた時にできるかなぁ。

いや、チームリーダーは投薬もあるので医師じゃないと出来ないけど。

 

ここで、Dr.とNs.の心マを見たんですが、みんなうまい!

と言うか、無駄な力が抜けてやってるようにみえます。

普段からやることがあるから当然なんでしょうが、自分とは大違い。

自分もちゃんと出来てはいるんですが、体力が続かない><

2分やると結構辛いです><

無駄な力が入ってるんでしょうね。

他の人は結構普通なんですよね〜。

明日時間があったらうまいやり方聞こうかな。。。

ただの体力不足だったら、諦めますw

 

そんなわけで何とか初日が終わりました。

感想としてはとにかくCPR何度もやって疲れた!!

でも、この救急時の流れを体験して知っておくっていうは

薬剤師にも必要なんじゃないかなって思いました。

薬局から飛び出して、ちょっとだけチーム医療に参加した気分(笑)

病院で働いていた時も、チーム全員でひとつの

 

「蘇生」

 

という目標に向かって頑張ったっていう経験はなかったので・・・。

そういう意味で、楽しかったかな?^^

 

明日はPEAと心静止、徐脈、頻脈についての実習です。

そして、テストで受かるかどうか。。。

自信はないですが、できるかぎり頑張ってみます^^