その1・その2で患者さん。

自分で良くなる方法を考えてくれました。

その3はやる気をさらに引き出す方法です。

それは、

 

あいまいにしない

 

ことです。

何をあいまいにしてはいけないのでしょう。

それは、

 

患者さんがやろうとすることの成果

 

についてです。

 

例えば、

 

「今日から、ご飯小さいのに変えるわ」

「朝、散歩してみるよ」

「間食無くしてみる」

「エスカレーターやエレベーター使わずに階段使うね」

 

こんなことを患者さんが決めた時。

 

「それやったら検査結果よくなると思いますよ!」

 

こんなふうに話してませんか?

これって成果についてあいまいに話しているんですよね。

何故、いけないのでしょう。

 

成果についてはっきりさせたほうがやる気が出るから

 

です。

 

「これで検査値良くなりますよ!」

「これで1ヶ月後のHbA1cが0.5%くらい下がってますよ!」

 

大きな違いがあると思いませんか?

このように、期限と数値で成果をはっきりさせると、やる気がでます。

患者さんも行動しやすくなります。

その為にも、成果をあいまいにせずはっきりさせましょう。

 

でも、成果をはっきりさせようとすると一つ問題が。

 

患者さんがその成果に至らなかったらどうしたら良いの?

 

これに関しては、明日書きます。

 

まとめます。

 

行動の成果をあいまいにしない!

 

きちんと期限と数値で示してあげる!

 

そうすると患者さんは行動する!