昨日、成果をあいまいにしないという話を書きました。

其の時に出てくる問題について。

 

患者さんに成果が現れなかったらどうすればいいの?

 

これですね。

だから、確実ではないことを言いたくない。

気持ちは分かります。

でも、結論から言うと、

 

別に言った通りの成果が出なくてもいい

 

ということです。

言った通りの結果が患者さんに出ないと、嘘を付いている感覚になりますよね。

でも、それは、嘘を付いているということではありません。

 

例えば昨日の例。

糖尿病の人が、何か1つ実行すると1ヶ月でHbA1c0.5%程度下がることは知られています。

また、自分も投薬で経験しています。

このように、根拠があることを言っているんです。

だから、嘘を付いているわけではありません。

 

次に、成果が十分でなくても、患者さんに責められることはありません。

自分も多数投薬で経験していますが、其のような経験はありません。

例えば、0.2%しか下がらなかった。

でも、殆どの患者さんは下がったことを喜んでくれます

だから、心配しなくても大丈夫です。

 

そして、成果が全く出なかった場合。

ほとんど変わらないorむしろ検査結果が悪くなった。

そんな人には、

 

「何か心当たりはありますか?」

 

その2に戻ればいいんです。

基本的には、良くなるはず。

でも、良くなっていないということはなにか原因があります。

それを、見つけていきましょう。

 

まとめます。

 

言った通りの成果が出なくてもいい!

 

患者さんには責められない!

 

成果が出なかったらその2に戻る!