<昨日のことを今日アップシリーズ>

全国講師オーディション予選&ケア・カフェ全国大会in東北 雑感

えっと、まずシリーズなので「昨日のことを」って書いてますが、残念ながらおとといのこと。
昨日はちょっと仕事がきつくて寝て起きたら12時回ってたという。。。
といういいわけはおいときましょう。

まずは、全国講師オーディションの予選YouTube撮影ですね。
会場入り前にカラオケ個人練習。
発声練習に1時間、自己練習に2時間くらい割いて、ちょっと気分転換にカラオケ。
そんないつもの練習をしてました。
でも、朝カラって隣の人に影響されちゃうんですよね〜。
前は延々と「十五の夜」を歌う人がいたんですが、今日は仮面ライダーシリーズをずっと歌ってる人が。
なので、つい「仮面ライダーブラックRX」を歌い返してやりました。

でも、それがいけなかった><
熱唱しすぎて、軽く声つぶすというハプニング!!!!
やばい><
そのあとの練習はのどをいたわりながら行いました。
カラオケでてすぐにのど飴を買いに走ったのは言うまでもありません。。。

で、会場へ。
みんな緊張した面持ちです。
でも、いずれ劣らぬ講師の方ばかり。
発表の時が来るのを待っていました。
今回の発表順はなんとトリ!
セミコンではトップばっかりでしたが、初の経験です。

最初じゃ無くて良かった><

という気持ちもありつつ、

最後ってプレッシャーかかる><

つまり、緊張はするって事ですね。
どきどきしながら、自分の順番を待っていました。

いよいよ最後の自分の順番。
今回のテーマは、

薬局・薬剤師を上手に使って『医療のエコ』をしよう!

です。

今、薬局や薬剤師って存在意義を問われてると思うんです。
薬剤師会も薬剤師の仕事の重要さ、メリットを見える化しようって言っています。
でも、現状はどうでしょう?
行っている物の十分ではないと感じている薬剤師が多いのでは無いでしょうか?
何よりも、ほとんど一般の人には伝わっていないと私は感じています。
だから、この講師オーディションを通して少しでもたくさんの人に薬剤師や薬局の存在意義をつたえたい。
そして、薬局・薬剤師を上手に使えばもっと医療はエコ出来る。
もっと、人は幸せに暮らせる。
こんな思いを10分に込めました。

そして自分の順番。
2分の準備タイムでトイレに行って白衣に着替えます。
・・・が、白衣のファスナーが上がらない!
太って上がらないんじゃ無いですよ?一応。。。
緊張してるんだな〜って思いながらゆっくり準備し直して、いざスタート!

この模様は後日YouTubeにアップされます。
投票の結果で、本戦にいけるかどうかが決まります。
自分の思いに共感していただける方は、投票をお願いしますね^^

ちなみに、序盤で大事な台詞が2つ抜けて真っ白になりました。。。
でも、練習していると、そこを埋める言葉って出てくるんですよね。
あとは、立て直したので大丈夫っ!

 
 

そして、その足で仙台へ。
ケア・カフェ全国大会in東北に向かいます。
やっぱり、ちょっと間に合わなかった。。。

と思いながらも、まずは仙台駅でずんだシェイク。
これ、ホントおいしかった〜><
一瞬暑さを忘れてしまうくらいのおいしさでした^^

で、タクシーで会場に向かいます。
そしたら、タクシーの運転手さん。

「今朝もそこへ山形から来た薬剤師乗せてったなぁ〜。なんかあるんかい?」

もしやと思い、女性かどうかを聞くと・・・

「あぁ〜、良くしゃべる女の人だったよ!」

・・・Rika Hoshiさん決定だな。
いきなり仙台でこんな奇跡に会いました。

会場入りすると、まさに熱気にあふれていました!
メインイベント、ケア・カフェの前で、たくさんの方が交流していましたっ!

ついて少しすると、ケア・カフェのはじまりです。
今回のテーマはまさに「ケア・カフェ」。
これについて話してきました。

全体を大きくシェアすると・・・

・「医療者・介護者・福祉者の為の」と銘打っていると、ハードルが高く感じて医療系の人以外参加しづらいといった意見がある
・一度参加したら継続してきてくれる人が多いが、まず最初の一歩が難しい
・長く続いていると、メンバーが固まってくるのでどうしたらいいか?
・なかなか人が増えない場合はどうしたらいいか?
・お金の問題が出ることがある。大きいところはなおさら(会計・会場費・誰が扱うか?等)
・フリーペーパーや新聞取材を受けられると規模が大きくなることがある
・過去のケア・カフェをシェアできると良い(HP・メルマガ等)
・口コミが大事。積極的に連れてきてもらえるよう話をする。
・ヘルパーさんが来ているところが少ない。ハードルが高い様子
・ヘルパーさん施設長に強制的に参加するよう働きかけて見るのも1つの手
・近くのお坊さん(臨床宗教師)を呼んでみるのも新たなつながりになる
・テーマ選びは重要。それに即した人に働きかけてみる
・ケア・カフェは地域差があってそれも魅力の1つ
・「ゆるさ」が継続する1つの鍵ではないか?
・情熱だけでケア・カフェを続けるのは困難。スタッフが楽しみながらやることが大事

こんな感じでしょうか。

しかし、ケア・カフェタイムはホントあっという間!
びっくりするぐらい早く時間が経ってしまいました><
ホント、楽しかったな〜。
古河にも持ち帰って実践できるところはしていこうと思いました^^

そして、ここでもやっぱりプライマリの仲間に会えました!
プライマリはそれがいいねっ!

最後に、オーディション・ケアカフェ全国大会でお会いした方が、本当にありがとうございました!
スタッフとして頑張っておもてなししていただいた方々もありがとうございました!
本当に楽しい会でした^^
来年は、また古河の状況を全国大会で発表できたらいいなぁ〜と思いつつ古河に帰りました。