昨日、自分のミスをメモするということを書きました。

そうすると、自分がミスする傾向がわかると言うことでしたね。

傾向がわかれば、注意することができる。

傾向がわかれば、気づくことができる。

気づいて振り返って確認ができるということでした。

 

でも、特に感情の場合。

感情に気づいただけでは、なかなか注意することができないということがあります。

 

例えば、先日の自分の事例。

事務さんの入力が遅くてイライラ。

さっさと入力しろよ!

そう思っていることに気づいたとします。

でも、その感情はそう簡単に消えません。

また、この感情のままで振り返っても、ミスに気づけないこともあります。

 

ではどうするか。

 

腹式呼吸をする

 

ということです。

腹式呼吸をすると、感情を落ち着かせることができます。

 

そんなことは知ってるよ!!!!

 

って言われそうですよね。

では、どんな腹式呼吸をするか。

ちょっと詳しく書いています。

ちなみにこの腹式呼吸。

フリーMCの丸山久美子さから教えていただきました。

ありがとうございます!

 

3つ数えながら鼻から息を吸い、おなかを膨らます

止めると言いながら息を止める

4つ数えながら口から息を吐き、おなかをへこます

 

数えるのは心の中で大丈夫ですよ^^

 

こんな感じですね。

 

1、2、3、とめる!5、6,7,8

 

この腹式呼吸を

 

2回

 

します。

それでOKです。

 

なぜ2回か。

これは、特に怒りの感情の場合。

ピークは

 

6秒

 

といわれています。

この6秒を超えるために腹式呼吸2回するんですね。

これ、数えるのがちょっと早いと6秒を超えないんです。

イライラしてると早く数えがちです。

だから、確実に超えるため、2回しましょう。

 

まとめます。

 

落ち着くために腹式呼吸×2!

 

1、2、3、とめる!5、6,7,8!

 

特に怒りのピークは6秒!