出された薬はきちんと飲む。

生活習慣はやりたいことから変えていく。

これで、薬の引き算をする準備はできました。

でも、後もうひとつお願いしたいことがあります。

 

それは、

 

主治医と上手に付き合ってほしい

 

んです。

 

薬局で話している患者さんがよく言います。

 

「先生には言ってないんだけどね」

 

これを聞くと、

 

「薬局で話していることを主治医と話せたら、

もっと状態良くなるになぁ」

 

って思います。

(もちろん、薬剤師を信頼して話してくれるのは嬉しいんですが)

 

患者さんにとって怖いって思う人もいるんですよね、主治医が。

 

「薬飲んでなくて怒られるのいやだな・・・。」

「先生忙しそうだから、今日は話すのやめよう。」

 

患者さんも気を使っていますし、その気持ちも分かります。

 

でも、医師に伝えなければならない事を言えないと、大変なことになることも。

以前も言いましたが、薬を飲んでいないことを主治医に言えないと主治医は、

 

「薬が効いてないな。強くするか。」

 

と、判断して薬を強くしたり増やしたりします。

 

でも、伝え方を間違ってしまうと、

 

「何だ!この患者は!!」

 

と、主治医の機嫌を損ねる事にもなります。

そうすると、今後かかりづらくなってしまいますよね。

 

薬剤師は、医師に自分の意見を上手に伝えることが出来ます。

例えば、薬剤師は医師の処方で

 

「何か変だな?」

 

と思うことがあったら確認するという義務があるんですね。

この時に、

 

「この処方、間違ってませんか?」

「この薬の飲み合わせ禁忌ですけど。」

 

なんて言い方をすると、

 

「薬剤師のくせに生意気だ!何も分かってない癖に!」

 

って、大変なことになる場合もあります。

(たとえ、医師が間違っていたとしても!)

 

だから、薬剤師は工夫して医師に意見を伝えています。

 

その工夫については・・・

 

長くなったので明日に(笑)