自分の話ってわかりづらいって言われるんですよね

 

そんな悩みを持ってる人は、特に今日の話を見て欲しいです。

 

昨日の出来事です。

薬局にMRさん(医薬品の営業職)がいらっしゃいました。

その人が、挨拶後に言ったこと。

 

先日お話があった勉強会についてのことなんですけど、

弊社といたしましては弊社を取り巻く環境を鑑みまして、

また、他の地域との環境の違いを鑑みた結果、

そして、地域薬剤師会と県薬剤師会との絡みもありまして、

その辺のところを難しく考えまして、

上司に相談しましたところ、

返答をすぐいただくことが出来ませんでして、

時間がかかってたんですが、

昨日やっと返答をいただけましたところ、

全国的に自粛をする旨通達が出ているということで、

勉強会は難しいとの結論に至った次第です。

 

最初の2行くらいで内容はわかったので、話し聞くのイライラしていました(笑)

 

結論は何?

要はダメってことでしょ?

 

って何度も言いかけました。

だいたい内容は分かっていたので私には通じます。

でも、はじめて聞いた人は

 

何がいいたいのかわからん!

 

と、思うでしょう。

 

こうならないために!

 

一文はシンプルに短く!

周りくどい表現は避ける!

 

こうすると、非常にわかりやすい話になります。

 

ちなみに、一文が長くなってしまう原因としては、

 

1:一つの文章に伝えたいことを3つも4つも盛り込んでしまう

2:相手を気遣ったり、敬語を使いすぎて表現が回りくどくなる

3:言い訳や逃げなどの「前置き」をいれてしまう

 

この3つが主なものです。

先のMRさんは1と3ですね。

 

一文が長いと相手もイメージしにくいです。

聞いている相手も何がいいたいかわからなくなってしまいます。

また、前置きを入れると自分もイメージがぼやけてしまいます。

言いたいこともぶれてしまいます。

 

それでは、一文を短くするにはどうすればよいか。

 

1:一つの文章に伝えたいこと(テーマ)は1つだけ!

2:「、」でつないでいるところを「。」にする!

3:回りくどい表現を避ける!言い切る!

 

こうすると、先ほどの話もだいぶわかりやすいです。

 

まとめます。

 

一文を短くするとわかりやすい!

 

一文にたくさん盛り込まない!

 

「、」で繋がず「。」で終わろう!