急にタイトルが格言みたいになりましたね。

これは、心に響く話し方をする際の心掛けです。

宮北先生がいつも言っていることですね。

 

頭で考え、口で話すな!

肌で感じて、心で話せ!

 

これはどういうことなんでしょう。

 

まず、「頭で考え、口で話すな!」この件。

これは、一生懸命考えた文章を思い出しながらよどみなく話したとしても、

相手の心には響かない、ということです。

自分は、これやっていました。

プレゼンの時、何回も何回も練習して、原稿覚えるんですね。

それこそ、一言一句間違わないように。

そして迎えた、さぁ、本番!

もちろん、練習したので話せます。

間違わずに出来ました。

でも、あんまり反応が良くない・・・。

そこで、親しい友人に感想を聞いてみたら。

 

よく練習はしてたよね〜。それはすごく分かった。

でも、思い出しながら話してたよね。

だから、そっちばっかり気になっちゃったわ。

 

内容があまり入ってこなかったそうです。

つまり、「頭で考え、口で話して」いたから内容が入ってこなかった。

相手の心に響かなかったというわけです。

 

それでは、「肌で感じて、心で話せ!」とは何でしょう。

これは、突っかかっても、下手くそでもいいんです。

それよりも、まずは話す内容を十二分に思い出す。

その時の情景、その時の感情。

それを肌で感じるくらいに思い出します。

そして、その場で感じたことをそのまま自分の言葉で表現する。

これを心がけとして大事にして欲しいということです。

もちろん、原稿を書くことは大事です。

でも、それにとらわれ過ぎないこと。

原稿に書いてある文字を頭のなかで追って話すのではありません。

其の現場の空気を感じて、自分の言葉に直して話す。

これを大事にして欲しいということなんですね。

 

まとめます。

 

原稿通り一言一句間違わずに話すことはやめる!

 

話したいことを思い出して自分の言葉で話す!

 

下手くそでも突っかかっても構わない!