身振り手振りをつけて話す。

簡単にいえばジェスチャーですね。

これは、どこでも言われること。

でも、思っている以上に重要です。

 

それは、人間は

 

視覚

 

で判断することが多いからです。

知覚機能を通じて人が外界(メディア)から受け取る情報量の割合について、

 

視覚:83%

聴覚:11%

嗅覚:3.5%

触覚:1.5%

味覚:1%

 

というデータも有ります。

このように、視覚は重要なのです。

 

例えば、言葉が通じない外国の方と話す時。

あなたならどうしますか?

言葉が通じないなら、ジェスチャーでなんとかしよう!

身振り手振りで伝えようとします。

そんな時、話し手もその事柄を具体的に思い描いています。

だから、相手に伝わるんですね。

 

あと、身振り手振りが重要な事はもうひとつ有ります。

アクションを付けて話すことで、自然にその言葉には力が入ります。

結果的にメリハリの有る話をすることが出来ます。

これはまさに『映像として見える話』になるんです。

 

まとめます。

 

人は視覚から受け等情報が8割!

 

身振り手振りで『見える』話に!

 

結果的にメリハリが有る話になる!