前回、症状を細かく話して医師に診断してもらうと言いました。

でも、それだけじゃうまくいかないんですよね。

特に、

 

「あ〜、自分がして欲しいことはそっちじゃない><」

 

医師と自分の意見が食い違う時。

または、医師が自分の話を間違って理解してしまった時。

 

そんな時に、

 

「先生、そうじゃなくて、〇〇なんです!」

 

なんて言い方をしてしまうと、機嫌を損ねてしまう医師もいます。

 

これも、自分が若手の頃。

PL顆粒(風邪薬)は必ず一日3回服用で、

ペレックス顆粒(風邪薬)は必ず一日4回服用で出す医師がいました。

ある日の夜、PL顆粒が一日4回服用で出ていました。

 

「先生、PL顆粒1日3回ででています。

ペレックス顆粒じゃないですか?」

 

と疑義照会をしてしまいました。

その時の医師の返事はかなり怒った様子で、

 

「PL顆粒4回で何か問題有る?」

 

との返答でした。

(ちなみに、PL顆粒は4回で出しても問題がない薬)

(その日以降PL顆粒が4回で出ることはありませんでした。)

 

それでは、どのように意見するか。

 

一言前置き

 

を入れましょう。

これは、心理学で「メンタルセット」と呼ばれる技術です。

そうすることで、心構えができ、話を聞いてくれるんですね。

 

例えば、

 

「一応確認ですが・・・」

「申し訳ないんですけど・・・」

 

などの一言前置きを付け加えましょう。

 

自分の場合は、

 

「ポララミンが禁忌の緑内障の方に出ていますけど、

どうしますか?」

 

ではなく、

 

「一応確認なのですが、

緑内障の方にポララミンが出ています。

眼科さんへ確認しましょうか?」 

 

などという感じですね。

 

ぐっと医師に意見を伝えやすくなりますよっ!