今日からは、最後のところ。

東風編です。

自分は西風タイプなので、東風タイプは普通に投薬するとちょっと苦手。

でも、コツがわかると苦手意識も薄れてきました。

そんな東風タイプはこんな方々

一言で話すと、

 

クールで誠実論理的

 

でしたね。

やっぱり自分とは真逆です。

だから、注意しないといけないことは、

 

個人的な話を多くする

話が度々脱線する

 

これです。

西風が苦手なわけです。

こういうことをすると、

 

無駄な話

 

が多いと思われてしまいます。

だから、信頼を失ってしまうんですね。

 

それでは、どうしたらいいのか。

 

内容は目的を絞って話す

 

これが大事です。

東風のタイプは、無駄な話はただのストレス。

余談なんて必要ありません。

だから、必要な話に絞って話すと喜ばれます。

 

また、理論的だからこそ、

 

話の筋道を立てて話す

 

と、理解も早く信頼感が深まります。

筋道を立てて理路整然と話すこと。

これが、必要ですね。

 

それにはどうしたらいいか。

 

OREO

 

で構成した話にしてみましょう。

そうすると、理路整然と話すことが出来ます。

 

まとめます。

 

東風タイプに余談は不要!

 

理路整然と話すと◎!

 

OREOで話すとまとまります!