昨日まで、北風タイプについて書いてきました。

今日からは南風です。

 

南風タイプの方。

こんな感じです。

思い出して頂けましたか?

 

イメージとしてはおとなしい方ですね。

それだけに、配慮にかけると信頼を失ってしまいます。

 

ですから、アプローチするときに、

 

相手の反応を見ずに先へ先へと進む

反応や回答を急かす

個人的な話を全くしない

 

というやり方ではすぐに信頼を失ってしまいます。

南風タイプの方は穏やかです。

表には出さないのでわかりづらいですが、信頼を失います。

 

ではどうすればよいか。

 

相手にペースに合わせて話すこと

穏やかに話すこと

 

これが大事です。

南風タイプの方は、よく考えて自分の中で消化します。

その後に話します。

ですから、反応を見ずに先に進んだり、急かしたりすると、

 

早すぎてついていけないから適当でいいや。。。

 

と、なってしまいます。

だから、相手のペースや反応を見ながら話を勧めましょう。

穏やかなでゆっくりペースの方が多いです。

相手のペースに合わせたアプローチをしましょう。

これを、心理学用語で

 

ペーシング

 

といいます。

他の風向きの方でも大事ですが、南風の方は特に大事にして下さい。

 

南風タイプの人は以前も書きました。

あったか穏やか協力的です。

その特徴に合わせてあげると、上手にアプローチが出来ます。

 

まとめます。

 

南風タイプは急かさない!

 

相手の反応を見てペースを合わせる!

 

ペーシングを常に心がける!