昨日まで書式について書きました。

今日からは運用編です。

どのように使っていくか。

これは、書式編であえて触れなかったことに触れていきます。

例えば、責任とか対策に関してですね。

 

今日は、まず責任に関して。

無記名にしたり、責任を問わない旨はすでに話しているとおりです。

運用の段階でもそれは同じです。

ですから、報告書。

書くのはミスした本人ではありません。

 

ミスを見つけた人

 

が書くようにして下さい。

ミスをした人と一緒に書くんですね。

もちろん、自ら見つけて報告するというのもアリです。

 

これは、報告もれを防ぐためです。

ミスした人が報告することが一般的です。

でも、そうだとどうしても、報告って嫌なんですよね。

いくら無記名、いくら責任を問わないからといっても。

あまり気が進みません。

だから、

 

「ちょっとぐらいいいか・・・」

 

という気持ちが起きやすいです。

 

一方、見つけた人にとっては自分のミスではありません。

そして、報告書は人のためになります。

そんなにネガティブな気持ちで報告書を書くことはありません。

だから、報告書を書くのが苦ではありません。

おかげで報告漏れが減ります。

また、シンプルで簡単に報告できる書式にしていると、

 

「お前のせいで仕事が増えた」

 

なんて事にもなりません。

だから、シンプルな報告書が必要なんですね。

 

まとめます。

 

報告書はミスを見つけた人が書く!

 

報告モレを防ぐため!

 

シンプルな報告書だと仕事が増えた感なし!