ミス発見者が報告書を書く。

とにかく報告書の優先順位をあげる。

2日間書き方について運用法を書いてきました。

今日は、対策についてです。

 

まず、報告書に対策の欄を作りませんでした。

これは、以前も書いたとおりです。

意味が無いからでしたね。

 

でも、ミスの対策というものは立てなくてはいけません。

では、どのように立てるのか。

 

みんなで考える

 

ということです。

 

従来型の報告書の場合。

ミスの報告と対策をセットで提出していたことと思います。

ただその対策。

独りよがりの内容だったり。

ただ、「十分注意する」的な精神論で終わっていたり。

また、その対策がどのように実行されたか。

それを検証する機会に乏しいという欠点がありました。

だから、ミスをしてしまった本人だけでなく、対策をみんなで考えるんです。

 

自分の薬局では月1回安全会議をしています。

其の時に、この1ヶ月でどのようなミスが会ったか。

時間帯、回数、内容などを分析した資料を会議の前日に配ります。

そこで、各々の考える対策を発表するんですね。

個々のミスに対応したものもあります。

時間帯に対して注意を促すというのもあります。

みんなで話し合うと、1人よりも沢山の意見がでます。

また、この会議で対策を話し合うということが、

 

ミスの対策は自分のためではなく他の人が同じミスをしないため

 

という意識が共有できます。

同じ意識でいるので、チームワークも良くなります。

 

更に、次の月の会議において、先月の対策がどうだったか。

データとともに評価・検証ができます。

それを踏まえて、新たな対策を立てる、実行する。

この、サイクルを回していくことで、職場のミスは減っていきます。

 

まとめます。

 

対策はみんなで考える!

 

会議でみんなで考える!

 

評価・検証をしてまた考える!