前回、言いっ放しにしないで、付箋を使うことを書きました。

もう一つ、言いっ放しにしない方法をお伝えしようと思います。

それは、

 

「次回教えて下さいね。」

 

です。

患者さんに、今回決めた内容がどうだったか、次回教えてもらう。

このことをきちんと患者さんに伝えるんです。

この言葉を言うことで、患者さんにとって、ただ自分だけで決めたことではなくなります。

 

約束

 

に変わるんです。

そうすると、患者さんも頑張ってくれます。

自分のためだけにやるよりも、人を巻き込んだほうが実行してくれます。

其のための言葉が、

 

「次回教えて下さいね。」

 

なんですね。

 

また、この言葉も言いっ放しにしないで下さい。

 

必ず次回教えてもらってくださいね!

 

次回の時に、

 

「この前の間食やめるって、やってみてどうでした?」

 

みたいに聞きます。

そうすると、患者さん。

できたにせよ、出来なかったにせよ答えてくれます。

薬剤師が聞くことで、

 

「あ、前回の覚えててくれたんだ!」

 

と、よろこんでくれます。

このように、コミュニケーションが取りやすくなるんですね。

 

まとめます。

 

次回教えて下さいね!

 

これは約束の言葉にもなります!

 

人を巻き込んでやる気アップ!