今まで、一通りのことを基本編でおさえてきました。

これで、職場のミス、7割程度は減らすことが出来ます。

そう簡単にミスが起きるような状況ではないでしょう。

でも、まだ減らす余地があります。

 

うっかりミス

 

に関してです。

正直、これに関しては一筋縄では行きません。

だから上級編としてみました。

 

何故、一筋縄ではいかないのか。

これは、システムやハード面をどのようにいじっても防げないからです。

また、ソフト面で勉強を重ねても防げないからです。

実際、私の職場でもそうでした。

 

基本編での対策をはじめて6ヶ月。

1.3%あったミス発生率は0.3%まで減らせることが出来ました。

それ以降は、減らなかったんです。

もちろんいろんな対策をしました。

でも、ほとんど誤差範囲と呼べる程度しか変わりませんでした。

そして、個人差がかなり大きいことも分かりました。

さらに、

 

自分自身が人一倍うっかりミスをしやすい人

 

でした。

だから、なんとかこのうっかりミスを減らしたい。

そう思っていろんな対策を取りました。

そこで、たどり着いたのは心理学でした。

心理学を応用することで、最初から比べて9割のミスを減らすことが出来ました。

 

明日からは、其の具体的な内容について書いていこうと思います。

 

まとめます。

 

うっかりミスはシステム等の改善だけでは減らせない!

 

それは個人に依存しているから!

 

改善できたのは心理学!