今日からは新シリーズを書いていこうと思います。

名づけて「ミスを減らす職場づくり」シリーズです。

 

皆さん、ミスについてはどう思いますか?

単純なミスからうっかりミス、果ては重大なミスに至るまで。

全くミスのない職場というものは基本的にはないですよね。

人間だから、ゼロにするということは不可能に近いです。

 

だからといって、何の対策も取らないままというのも違いますよね。

このミスによって、お客様に迷惑をかけてしまうこともあります。

職場の仲間にも迷惑をかけてしまいます。

重大なミスであれば会社同士の大きなトラブルに発展することもあるでしょう。

だから、未然に防げるに越したことはありません。

 

その為にいろいろ対策されていることと思います。

それでも減らない、なんてお困りの方は是非参考にして下さい。

 

ところで、薬剤師という仕事。

この仕事は、絶対にミスが許されない仕事です。

私達がミスしてしまえば、患者さんに迷惑がかかります。

場合によっては命を落とすことだってあります。

 

とはいえ、医療現場でもミスは起こっています。

自分は、それを限りなくゼロに近づけようと努力してきました。

其の結果、以前勤めていた薬局での実績です。

インシデント(医療ミスに至る前、薬局内で発見できたミス)の発生率。

私が薬局長に就任する前は

 

1.7%

 

発生していました。

それを2年間で

 

0.2%

 

まで削減できました。

約9割のミスを減らすことができたんです。

 

明日からは、そこで培ったノウハウを書いていこうと思います。

楽しみにしてみてくださいね^^