3原則の続きです。

今日は、

 

原則2:有効な1つの行動に絞り込む

 

です。

行動ルールを複雑にしないことなんですね。

言い換えると、単純に何か1つに決めるということですね。

複雑な行動だとやっぱりめんどくさくて投げ出しやすくなります。

 

例えば、

 

早起きして運動しよう!

まず、準備体操をする!

それから、ウォーキングを30分!

クールダウンにストレッチを10分!

 

もちろんね、準備体操もクールダウンも大事です。

だからやったほうがいいのは間違いない。

でもね、今回は習慣の話。

複雑にしてしまうと、やめてしまうというリスクが高くなるんですね。

 

だから、1番効果的な1つに絞りましょう。

これで言えば、

 

ウォーキングする

 

だけに絞りましょう。

ハードルをあげるのは後からでも簡単にできます。

でも、初めに高いハードルを掲げてしまうと。

後で飛べなくなった時に挫折してしまうんですね。

だから、途中で挫折しないためにも。

単純に何か1つに絞りましょう。

 

まとめます。

 

行動ルールは単純に!

 

何か1つに絞る!

 

ハードルは徐々に上げればいい!