習慣シリーズの最後の原則ですね。

 

原則3:結果より行動に集中する

 

これです。

結果にこだわりすぎるのは良くないということですね。

結果にこだわると、結果が出ないことが気になります。

結果が出ないことが続くと、

 

これやっても意味あるのかな〜?

 

って疑いたくなっちゃうんですね。

そうして、やる気が落ちてきてしまいます。

最悪、「や〜めた!」です。

続けるために、結果にこだわりすぎないようにすることが大事です。

続けているという、「行動」に集中しましょう。

 

例えば、血糖値やA1cを下げるために運動をはじめました。

でも、すぐにはなかなか下がらない人もいます。

そんな時に、結果にこだわりすぎてしまうと、

 

血糖値やA1c、下がらない><

自分には運動なんて意味なかった。。。

 

って、思ってしまいます。

一度、「意味ない」って思ってしまうと、なかなかやる気は戻りません。

だから、結果にこだわりすぎないことが大事なんですね。

 

結果よりも、行動に集中する。

つまり、

 

今日も自分は運動した!

自分、頑張った!

 

で、いいんです。

こう思うことが、続けることに繋がります。

しいては、習慣づくことに繋がるんです。

 

まとめます。

 

結果にこだわりすぎない!

 

結果が出ない時にやめたくなる!

 

行動していることそのものを評価する!