習慣化するときの3原則は分かりました。

それでは、実際に習慣にしてみましょう。

しばらく、「30分ウォーキングをする」という習慣を例に取ってみようと思います。

 

ウォーキングは身体習慣。

つまり、3ヶ月かかるということですね。

それを始める時、まず最初に訪れる壁。

それは、

 

反発期

 

です。

これははじめてから3週間くらいの間です。

普段歩いていない人がウォーキングを始めるんです。

だから、最初が辛いのは当然。

辞めたくなっちゃう時期ですね。

 

「3日坊主」

 

が起こりやすい期間です。

ここで、40%の人が挫折してしまうそうです。

 

こんな時期にはどうするか。

2つ方法があります。

 

1.ベビーステップで始める

2.シンプルに記録する

 

です。

 

ベビーステップとは、直訳すると赤ちゃんの一歩。

とにかく、小さく始めることです。

以前、スモールステップ法について書きました。

それと同じですね。

 

人間誰しも、基本的には変化おそれています。

失敗するのも嫌です。

だから、

 

うまく出来ない。。。やめちゃおうかな?

 

って、すぐに辞めたくなるんですね。

だから、絶対に失敗しない小さなことからはじめます。

 

例えば、「30分ウォーキング」の場合。

はじめから30分しようと思うと3週間の間に出来ない日があります。

そうすると、やめちゃいたくなるんですね。

だから、ベビーステップ。

歩数計を身につけることから始めるんです。

できたら、運動靴を買うんです。

そして、時間を決めずに散歩をするんです。

これなら失敗はしませんね。

 

もう一つのコツは、シンプルに記録する

記録をすると、意識が向きます。

挫折しそうなときに、記録を見るとやる気が出るんですね。

でも、この記録も複雑にするとめんどくさくなっちゃいます。

だから、シンプルに記録。

できた、できないだけを◯×で記録でもいいんです。

余裕があれば、歩数を記録するでいいんです。

すぐ出来て、めんどくさくないシンプルな記録。

これが、反発期を乗り越える2つのコツです。

 

まとめます。

 

3週間までは反発期!

 

ベビーステップではじめよう!

 

記録はシンプルでOK!