なかなか初心に返れと言われても難しいですよね。

そんなときに使えることがこれになります。

 

「いつも」で二度見

 

ということです。

 

どういうことかというと、

 

「いつも」

 

というフレーズに反応して、もう一度一から確認し直すんです。

 

想像型のミスの条件について

 

経験したことに似ていること

 

があることと書きました。

経験したことがあることにおいてはすべて思い込みが起きるんですね。

 

だから、経験したことを表すフレーズが頭に浮かんだ時。

必ず、

 

二度見

 

をするんです。

 

経験したことを表すフレーズはたとえば、

 

いつも・パターン・今日も・また・同じetc…

 

こういうフレーズが頭に浮かんだ時は、必ず一から見直しましょう。

この癖をつけ置くと、二度見の時には初心に戻れます。

リセットできます。

思い込みから抜けることができるんですね。

 

「思い込んでるかも」

 

と思いながら二度見をしています。

だから、抜けられることができるんですね。

 

自分の中に。

または他人の言葉に。

経験したことがあるフレーズが出てきたとき。

 

必ず二度見

 

をしてみましょう。

さっきは見えなかったミスが見えてくることでしょう。

 

まとめます。

 

いつもで二度見!

 

経験したことがあるフレーズで二度見!

 

一度リセットして位置から見れる!