昨日までは中断型のミス対策について書いてきました。

今日からは想像型のミス対策について書きたいと思います。

 

ですが、残念なお知らせがあります。

冒頭タイトルでも書きましたが・・・、

 

有効な対策は無い

 

ことがわかっています。

 

例えば、今までのミス対策。

いろいろありましたよね。

これをすると、スリップ・ラプスに関しては優位に減ったという研究発表がありました。

ですが、ミステイクに関しては今までのミス対策をしても減らなかったという研究発表もあります。

そう、今までやってきましたね。

ミスをメモしたり、ストレス対策をしたり。

こういったことでは、全く防げないと言うことがわかっています。

 

つまり、有効な対策は

 

無い

 

ということです。

 

何をしたら減るというのは無いんです。

思い込んでから自分の力だけで抜けることは不可能なんです。

(そういう意味ではダブルチェック・トリプルチェックは有効とも言えます。)

(でも、それは基本編で述べましたし、今回はすでに行われているという前提です。)

まず、それについて知って欲しいのであえて書きました。

それくらい、思い込み・想像の力って強いんです。

それをまず知ってください。

 

 

 

そんなことで誰が納得するか!

ミスしない人もいるじゃん!

 

って、思いますよね。

 

そうなんです。

そういう人にはとある秘密がありました。

それに関して、次回からお話ししようと思います。

 

まとめます

 

想像型のミス対策で有効な対策は無い!

 

思い込んだらもう終わり!

 

それくらい思い込みや想像の力は強い!