さて、いよいよ思い込まないための心構えです。

今日は、もう答えから言っちゃいますね。

 

初心忘るべからず

 

これが、思い込まない心構えです。

 

どういうことかというと。

思い込みのミスが起きるには必ず条件があります。

 

以前に経験したことに似ていること

 

これです。

逆に言えば、経験していないことには思い込みのミスが起きないんですね。

以前の経験があるから思い込みのミスが起きる。

だから、経験者が起こしてしまうんです。

長年の経験があってもミスを起こす可能性があるんです。

 

だからこの心構え。

 

初心忘るべからず

 

いつでも、

 

「これは初めて行うことだ」

 

という心持ちで臨むんです。

今までの経験はもちろん持っているんだけど、

すべてのことを初めて行うことだという心構えで臨むんです。

 

そうすると、自然に丁寧になります。

自然と確認をします。

自然と形式的ではなく確実に行います。

自然とルールを守ります。

 

だって、初めてやることどうして良いかが不安ですよね。

だから、手順通り、ルール通りやろうとする。

一つ一つ確認しながら確実にやろうとする。

 

こういう初心を忘れないように行うこと。

これこそが、思い込まないようにする秘訣なんです。

 

初心を忘れてしまうから、ルール違反をしてしまう。

早くやろうとしてします。

適当な確認でも大丈夫と思ってしまいます。

 

とはいえ。

いきなりは初心に返ることってできないですよね。。。

ですので、お手軽な初心への戻り方。

これを、明日書きたいと思います。

 

まとめます。

 

初心忘るべからず!

 

これこそが思い込まない心構え!

 

初めてやることだから丁寧に行う!