そうは言っても運動。

やってはみたものの続かない。

数日すると、めんどくさくなってきちゃって。

 

や〜めた!

 

って、なってしまうことも。

聞いてみると、

 

普段していないことをするのがめんどくさい

 

って、言っていました。

新しい習慣ですから、今までやっていなかったこと。

それがきちんと習慣づいてしまえば問題はありません。

でも、それまで続けることが難しい。

 

そんな人におすすめなのは、新しい運動ではありません。

誰もが毎日している、

 

歩き方を変えてみる

 

ということです。

以前のブログでも紹介しました。

 

生活歩数=4000歩=40分

 

人間1日4000歩、40分は生活する上で歩く。

この歩き方を変えてみるんです。

 

具体的には、

 

1:足の歩幅を肩幅にする

2:つま先をやや内側に向けて立つ

3:前に倒れるように歩く

 

です。

1は、歩く歩幅の話ですね。

広すぎず、狭すぎず。

肩幅で歩きましょう。

 

2は、つま先の方向ですね。

ハの字です。

スキーで言えばボーゲンですね。

そこまで極端にハの字にしなくても構いません。

やや内股程度を意識してみてください。

 

3は、言葉では説明がしづらいのですが。。。

2の状態で立って、前に重心をかけて下さい。

ずっとそのままだと倒れます(笑)

倒れる前に足を出して下さい。

背中を丸めた前かがみではありません。

倒れる前に足を出す、倒れる前に足を出す。

これを続けて歩いてみてください。

 

これ、意外と腹筋と太ももに効いていることを実感します。

しかも、傍から見て運動しているようにも見えません。

歩くときにこれを意識するだけでも変わります。

 

これには、インナーマッスルを鍛える効果があります。

つまり筋肉を鍛えることになります。

糖を取り込んでくれる筋肉が増えるんですね。

また、基礎代謝も上がりますから、消費カロリーも増えます。

ちょっとした心がけで変わりますよっ!

 

まとめます。(←大竹ひろこさんよりパクリました)

 

運動嫌なら歩き方を変えてみる!

 

肩幅!内股!前に倒れる!

 

インナーマッスルを鍛えて効果◎!