運動って体にいいですよね。

もちろん血糖値も下がりますし、その他にもいろんな効果が。

でも、嫌いな人の気持ちもすっごく分かります。

そんな人に、

 

「運動いいですよ〜」

 

と言ったって響きません。

嫌なものは嫌ですからね。

 

でも、運動ってそもそも何のことでしょう?

 

運動≠歩く

 

なんですよ。

そう、みんな運動=歩くって思っていませんか?

 

患者さんと話していて、

 

「運動はどうですか?」

 

なんて話を振ると、

 

「私歩くの嫌いなんよね〜」

 

と、よく返って来ます。

糖尿病にかぎらず、運動療法=歩くという構図が皆さん有るようです。

かくいう自分もそうでした。

もちろん歩くことは、手軽にできる運動です。

でも、合う人合わない人がいると言うことをキチンと知っておくべきです。

 

運動は別に歩くだけではありません。

日頃投薬していると、いろんな運動をされている人がいることに気づきます。

 

太極拳

 

ソフトバレー

 

水泳

 

草野球

 

スカッシュ

 

卓球

 

テニス

 

 

これもみーーーんな運動です。

歩くのが嫌いな人はこんな運動をしていたりします。

嫌だ!嫌いだ!と思いながら歩くのは続きません。

まずは、自分が楽しい!やってみたい!と思う運動から始めてみましょう。

 

歩くだけが運動ではありません。